親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

『生きたい』と『死にたい』はまったく同じ【人身受け難し(1)】

f:id:kikuutan:20140325151000j:plain

 
 先日、娘さんを自殺で亡くされた女性から話を聞きました。
 明るくて気さくな自慢の娘さんだったそうですが、
 高校卒業後、大阪に勤めに出たものの、いろいろあったのか、...
心の病に罹り会社を辞めて九州の実家に戻って来たそうです。
 
すごくやせて帰ってきた娘が痛々しく、
 何があったのか言いたがらない娘に、
 余り強く聞くこともできずにいたある日、
 突然、娘は命を絶ってしまったそうです。
 
あまりの悲しみと苦しみに耐えられず、
 同じ年頃の人を見ると今も目をそむけられる、
とのことでした。
 
 「なぜ自殺しなければならなかったのか?」
 「なんで止められなかったのか?」
 「どうすれば止めることができたのか?」
 
 家族や友人といった近しい人を自殺で亡くした親近者は、
こんなときとめどもなくこんな疑問や後悔や反省が
頭の中をグルグルめぐります。
 
 日本の自殺者は約3万人。
 日々80人から90人が命を絶たなければ一日が終わら
 ないこの国。
 今まで無機質だった数字が一人の近しい人の死によって、
 息遣いあるものに感じられ、3万という数が脅威に思え
 てきます。
 
 【『生きたい』と『死にたい』はまったく同じ】
 作家の柳美里の言葉です。
 
カミュは【人間には生きる意味を知りたいという激し
 い欲求が心の底に激しく鳴り響いている】と言いました。
 
 「生きる意味が知りたい」
 「自殺を止める真の希望が欲しい」
 
これは間違いなく多くの人のSOSの叫びでしょう。
そしてこれに答えうるメッセージを人類は希求しています。
 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。