親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

歓楽尽きて哀情多し【諦観(4)】

f:id:kikuutan:20140527173641j:plain


【諦観(4)】

高校時代、定期試験の一週間前になると、
試験週間なるものがありました。
そのときは部活も早めに終わり、
学校からも、勉強するよういわれます。


当時の私は、ふだんは部活の練習でバテバテで、
家に帰って夕食済ますとひどく眠くなって、
宿題もやらずにベッドにもぐりこむ日々でした。


当然、成績もよいはずもないのですが、
過酷な部活の練習やっているんだから仕方ない、
と言い訳にしていました。


試験週間は練習疲れもないので、
このときばかりは、と勉強に専念しなければならないのですが、
なぜか試験週間前になると、
家にあった横山光輝のマンガ「三国志」全何十巻を
繰り返し読みふけってしまうのでした。


勉強前にまず一巻だけ読もうかと読んでいくと、
なぜか続きの巻が気になって仕方なくなって
さらに読み進めてしまう。


よっぽどその三国志、面白いのかというと、
普段は読もうという気にもなれないのです、
もう読み古したものですし。


ラッセルは
「趣味や道楽は、たいていの場合、根本的な幸福の源ではなく、
 むしろ現実からの逃避である」
と言っています。


今、考えると三国志のマンガは“根本的な幸福の源”ではなく、
試験勉強しなければならないという“現実からの逃避”でした。
しかし現実逃避の喜びは続きません。
だんだん虚しくなってきます。


『歓楽尽きて哀情多し』(漢の武帝)


趣味に没頭し、道楽に夢中になっていても、
やがて終わりが来て、
つまらない現実に逆戻りしてしまうのです。


寂しく、つまらない、息苦しい現実から逃れよう、
ごまかそうとするのは
真に為すべきこと、ではありません。
そんな苦悩多き人生に染めてしまう元凶を知り、
それを抜き取ってこそ、
安楽無上の人生が開かれるのです。


その人間苦悩の根源を徹底して明らかにされたのが親鸞聖人です。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。