親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

多生の縁【縁(1)】

f:id:kikuutan:20120125194614j:plain


【縁(1)】


あなたは昨日一日振り返ってみて、
自己紹介した人は何人ありましたか。

 

「菊谷です。こんちは~(ペコリ)」
程度の簡単な自己紹介も含めて、でいいですよ。

 

3人?5人?
・・では一昨日は?

 

1日にあなたが新しく5人の方と出会うとしましょう。
(これはかなり社交的な部類かと思います)

 

さてそのペースで、あなたが地球上のすべての人に出会うには
何年かかるでしょうか?
  ↓
  ↓
  ↓
答えは「370万年」

 

日常の何気ない出会いがいかに貴重で、
かけがえのないものか分かります。

 

■『袖触れ合うも多生の縁』
ということわざがあります。

 

和服の着物は袖が長いので、
すれ違う時によく袖が触れ合います。

 

その袖が触れ合う相手とも多生の縁があったのですよ、
ということです。

 

【多生の縁】という言葉を
【多少の縁】と思っている人もあります。

 

多少の縁、となれば、少しくらいの縁があった、
ということになりますが、
「多少」ではなく「多生」ですから、
生まれる前からの過去世、何度も会っては別れてきた、
深い因縁のあった人なんだよ、
という意味です。

 

過去世、何度も生まれ変わり死に変わりしてきた魂の歴史の中で
何度も会って、縁があった人だからこそ、
今生でまた袖が触れ合うようなことがおきたのだよ、
といわれることわざなのです。

 

そうなってくると、先日私は禁煙車両でタバコ吸い始めた人に
一言たしなめたのですが、
言った私も躊躇する気持ちと一時戦いましたし、
言われた相手もムッときたか、恥ずかしく思ったか、
少なくともお互い袖触れ合う以上の感情のやり取りはあったはずで
す。

 

あのタバコの中年男性も、私にとって
「多生の縁があった相手」
ということになりますね。

 

世界中のほとんどの人は感情のやり取りがあるどころか、
370万年かからないと自己紹介もできないのですから、
今、身近なところで接点を持ち、
時に自分に大きな影響力を与えている人たちというのは、
よほどの因縁が過去世から育まれてきたから
そんなことが起きているといえます。

 

たとえば結婚相手でしたら、35億の女性の中から
1人選ぶんですよね。

 

向こうも35億の男性の中から1人選ぶ。

 

その1人と1人が結ばれる。

 

そして、ケンカしている。

 

いや撤回。仲むつまじく添い遂げる。

 

深い深い因縁を懐かしんで、
そのご縁を大切にしていきたいものです。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。