親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

仏宝、法宝、僧宝とは【僧(1)】

 

f:id:kikuutan:20140816124633j:plain


【僧(1)】

お釈迦様は、仏弟子の自覚に燃え、
仏の教えを説く人を『僧』と言われました。

 

仏の代官として、
大衆に仏の教えをお伝えする使命を持つ人のことです。

 

聖徳太子は17条憲法に
「篤く三宝を敬え。三宝とは仏法僧なり」
と言われています。

 

仏宝、法宝、僧宝の三つの宝を敬いなさい、
と憲法に定められたのです。

 

○仏の悟りを開かれた方を敬いなさい。
○仏の悟りを開かれた方の説かれた教えを敬いなさい。
○仏の説かれた教えを伝える人を敬いなさい、
ということです。

 

仏の教えを正しく説き明かされる方を
本来『僧』というのです。

 

ところが今日は「僧」といえば、
葬式や法事を執り行う人と思われています。

 

手次の寺、檀家寺、○○寺の門徒と、
地方によっていろいろ言われ方がありますが、
いずれも親族の不幸があったときに
葬式や法事を頼む寺の事であり、
先祖代々の墓を番している寺のことだと思われています。

 

本来は手を次いで浄土までお連れする、と言う意味で
「手次の寺」なのですが、
導くべき立場の者もそんな自覚はなく、
よって導かれる人たちも仏教は
死んだ人に用事があるものと思っています。

 

この誤った仏教観を少しでも正す一助になれば、と
このブログを執筆していますが、
僧侶がまず猛省して自己の本分に立ち返り、
仏教を一から学ばなければならないと思います。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。