親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

カルマはなくならない。消すこともできない。【業力(3)】

f:id:kikuutan:20141125123939j:plain

 

【業力(3)】

仏教では、私たちの身の上におきるすべての運命は
【業(ごう)】によって決まる、と一貫して説かれています。
【業】とは、インドの言葉では『カルマ』といい、
日本の言葉にしますと『行為』のことです。...

誰かが自分の行為を見ていたら
幸・不幸の結果が起きるけれども
誰も見ていなかったら
何も起きない、と私たちは思いがちですが、
仏教では人が見ている、見ていないに関わらず
行いには運命を引き起こす力があると説かれます。
これを『業力』と言います。

「あいつ、あんなことしているぞ。」
と他人から見られている、自己の行い。
あるいは
「あいつ、こんなことを言ったぞ。」
と他人に聞こえる、自己の言動。
これが『人の見える行い』です。

それに対して四方壁に囲まれたところで、
誰にも知られず、ひそかに自分がしている行いもあります。

今、私はこの文章を高岡のカフェで書いていますが、
私が打ち込んでいる姿は周りに見えますので、
こうしてパソコンに向かっている今の私の行為は
「人の目に見える行い」です。

皆さん、今、ケータイかパソコンで
この文章読んでおられるわけですが
電車の中なら『見える行い』でしょうし、
お部屋で一人、読んでおられるのなら『見えない行い』です。

人の視線に身をさらして行動している時と
誰にも知られずに行動している時と
私たちのすごす一日には、両方ありますね。

お釈迦様は、
行い(業)は、人が見ている見ていないに関係なく
力を持つ(業力)、と説かれています。

「蒔けば生え 
  蒔かねば生えぬ
   良し悪しの
  人は知らねど
     種は正直」

目に見えない業力が、
歴然と目に見える運命となって顕れるのだ
と断言されています。

菊谷隆太公式サイト

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。