親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

人食いバクテリアの感染が日本で急増している。根本的な対策はあるのか。

f:id:kikuutan:20141226112322j:plain

人食いバクテリアの感染が急増しているとのニュースが流れました。

正式には「A群溶血性連鎖球菌による急性の感染症」というのですが、

「人食いバクテリア」とは

ずいぶん恐ろしい通称がつけられたものです。

 

しかし名前だけでなく、

実際にもかかると3~4割が死亡するという

恐ろしい病気だそうです。

 

高熱や筋肉痛、血圧低下が起こり、

急激に病状が進行してショックや手足の壊死(えし)、

多臓器不全で死ににいたります。

 

ある45歳の男性のケースが紹介されていました。

足(下肢)の痛みはあり、自分で自動車を運転し、

病院へきた男性が、待合室で待っているうちに

下肢の腫(は)れが増悪(ぞうあく)し、

気分が悪くなり、ただちに入院することになり、

まもなく急性心停止で死亡、というのですから

ぞっとします。

 

感染する人の3~4割は働き盛りの30代~50代であり、

菌自体はエボラ出血熱などと違ってどこにでもあるものなので、

対策としては風邪と同じく、

うがいや手洗い、マスクの着用くらいしかありません。

 

日本で初めて発症が確認されたのが平成4年、

徐々に増え、今年は激増とのことです。

 

医学が進歩し、数々の治療法、免疫の薬などでき、

多くの病を克服した現代ですが、

同時にウィルスの方も薬に負けないスーパーウィルスが出現したり、

新たに昔はなかった現代病ともいうべき、

原因不明の様々な心身の病が私たちを襲ってきています。

 

お釈迦様は人間の四つの普遍的な苦しみの一つに

『病苦』を挙げておられますが、

あれから2600年経っても今なお

病のために苦しんでいる人が絶えません。

 

病気になるとお金もかかる、

仕事にもつけなくなる、

家族との人間関係にもひずみが出てくる

本人もいつ治るかわからない未来への不安、

得体のしれない死の恐怖も呼び起こす、

『病苦』の恐ろしさが思い知らされます。

 

嫌なことですが、人間は必ずいつかは

『病苦』と向き合わなければなりません。

 

老いと病と死を超えた、本当の幸福を獲得することこそ

私たちの人生の目的だと説かれた釈迦の教説が胸に迫ります。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。