親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

セールスにおいてマニュアルトークよりも大事なこととは【意業(3)】

f:id:kikuutan:20150108214906j:plain

私が大学1年生だった時に、

個別訪問してアンケートをとる、

完全出来高制のアンケートを

1ヶ月間試したことがあります

  

いまだ経験したことのない個別訪問の断りに、

ショックを受けました。

 

高校時代までは、

学校の教師も、近所の人も

分別ある大人は、

私に対して仏頂面だったり、

無視したりということはなかったからです。

 

そういう意味では、

よく使われる

「世間の冷たさ」の言葉の意味を

垣間見た気がしました。

 

 

1件契約すると、

2000円なんですが、

半日まわっても1件もとれません。

 

 

そうなると、

玄関入る前から「どうせだめだ」

という心になって、

「さぼろっかな」

という心になってしまいます。

 

 

ところが夕方に、

気持ちよく書いてくれる人があったのです。

 

 

「ええ、こんなアンケートを書いてくれる人があったんだ・・・」

 

 

一つの成功体験が、

「次もあるかも」

と期待感に変わり、

やがて日数を重ねていくうちに

「こんな人は書いてくれる人」

と手ごたえを感じるようになりました。

 

結局は、かなり高給のバイトとなり、

日本各地に旅行行けるくらいに

私の大学生活を潤いのあるものにしてくれました。

 

最初に会社からは、

マニュアルトークは教わりましたが、

形だけのマニュアルトークよりも、

心の向き1つで、がぜん結果が違う

というのを思い知らされた出来事でした。

 

マニュアルの礼儀作法よりも、

お客さんに誠実に接しよう、

喜んでもらおうという心の向き、

 

マニュアルトークより

お客さんを好きになって仲良くなろう、

という心の向き

 

その心の向きが

自然と口や身体に表れるほうがずっといい

ということを学びました。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。