親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

日本の離婚率は3割を超えたが、せめて泥仕合率は高くならないようにしよう【高橋ジョージと三船美佳の報道に思うこと】

f:id:kikuutan:20120126161710j:plain


■ロックバンド「THE虎舞竜」のボーカル、高橋ジョージ(56)

と女優の三船美佳(32)の離婚が報道されています。

歳の差婚のおしどり夫婦に何があったのか、

週刊誌をにぎわせています。

 

3組に1組が離婚する時代ですから、

離婚自体は珍しくもないのですが、

夫婦がお互いの欠点をあげつらって泥仕合を演じるのは

見苦しいものです。

 

■「あの女のせいでオレの人生、無茶苦茶にされた」

と二言目にはそう言う男がたまにいますが

見苦しいものです。

 


実家の親に、いかにひどい妻であったかを愚痴り、

だから自分はこんな人生になってしまった、と

その人のせいにする。

 


親も親で、「お前がかわいそうだった。」と

一緒になって妻であった人をののしる。

 


確かにそういう奥さんだったのでしょうが、

それでもやはりこんな会話は耳障りがよくない。

 


■「あの女のせいでこんな目に」

といいますが、

その彼女がどんなにひどくても

苦しんでいるのは「その男」だけです。

 


「なぜか?」

↓↓↓↓

「他の人はその人と結婚しなかったから。」

 


▼他の男はそんな女とわかったから結婚しなかった

▼なのに自分は結婚した

▼だから自分だけがそんな目にあっている。

これが原因でしょう。

 


ならばその自分の判断を責めるべきでしょう。

 


■結婚するなら、覚悟を決めるべきです。

すべて自己責任です。

 


夫が妻に振り回されていてどうする。

男ならその人を引っ張っていかなければ。

その女性を変えることができなかった、自分の力量、魅力の乏しさを反省すべきです。

 


だいたい一人の女性によって無茶苦茶にされるほど、

自分の生き方に支柱がなかったことが問題ではないでしょうか。

 


■「まかぬ種は生えぬ。

 刈り取らねばならぬ一切のものは

 自分のまいたものばかり」

と省みて、脚下照顧、

一歩一歩前進していきたいものです。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。