親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

親鸞聖人が越後流刑にあってまで人々に伝えたかったこと【信心(4)】

f:id:kikuutan:20150207082530j:plain

「人の信心、アレコレ言うものではない。」

という人があります。

 

「その人がそれを信じて喜んでいるんだから、

他の人が首突っ込むものではない。」

こういう意見は人生経験豊富な常識人ほど、

主張することではないでしょうか。

 

信じているものをアレコレ言われるのは、

ちょうど好きになった女性の悪口を言われるようなもので、

誰しも腹が立つことです。

 

そういう点からいうと、

親鸞聖人という方は

人の信じていることを

アレコレ言われた方です。

 

信心にも

「正しい信心、真実信心」と

「迷信、邪信、間違った信心」と

二つある、と分けられ、

それはもう徹底して、

その分別を明らかにされた方だからです。

 

それがあまりにもハッキリしていたので、

間違っているといわれたほうが腹を立て、

ついには越後流刑(今の新潟県)になっておられます。

 

しかしよく考えてみてください。

たとえば、自分の娘が年頃になって

結婚したいという男性を連れてきたとしましょう。

 

その男性、なんと父親である自分よりちょっと上の年齢、

しかも暴力団の幹部、背中には刺青、愛人はほかに2人・・

そんな人だったらどうします

 

娘はとても嫁がすわけにはいかない、

と必死になることでしょう、

 

「お父さん、うるさいな~

人の信じている人にアレコレ言わないでよ」

といわれて、

「うむ、それももっともだ。

人の信心あれこれ言うものではないもんな。」

と引き下がるでしょうか。

 

「早まるな」

「目を覚ませ」

「だまされているんだ」

世の親なら、黙っておれないでしょう

 

大体父親というのは娘が連れてきた男性を、

たとえ誰であっても反対するものなのです

 

娘が腹を立てようが、うるさがろうが、

干渉せずにおれないのは、

だまされて悲しむ娘の顔が見たくない、という親心でしょう。

 

【信じたものに裏切られた時に人は苦しむ】

それがよくわかるから、

「娘を苦しませたくない。」

「裏切るようなものを信じてほしくない。」

と親が必死になるのは当然のことです。

 

「誰が何を信じていようが、

 だまされて苦しい目にあうのはその人なんだから、

 オレには関係ない、ケンカは嫌だし」

と無関心な人は無慈悲な人です。

 

親鸞聖人が

「裏切られて嘆く人々の姿は見ておれない」

とやるせなく、流刑にあわれるまでに、

徹底して正しい信心を明らかにされ続けられた、

その御信念のおかげで

私のような者が

仏法を聞かせていただくことができたことを思うと、

感謝の心に胸が詰まります。

言葉もありません。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。