親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

成功者となれるかどうかが分かる。大きな失敗をした時、『今』を見ますか?『過去』を見ますか?   【日々是好日(3)】

f:id:kikuutan:20150227224610j:plain

「しまった」

仕事で大きな失敗をして、

顔面蒼白になる時があります。

 

対処に追われたり、

自己嫌悪でくよくよしたり、

人のせいにしてカッカしたり、

そんな「最低」な一日が終わり、

部屋に帰ればくたくたです。

 

カレンダーを見てみると「仏滅」とある。

 

「やっぱり仏滅か、ろくなことがおきないはずだ」

とつぶやく。

 

このように「仏滅」や「大安」や「友引」など、

気にする人は今も多いです。

 

「仏滅」とあるので、

仏教由来の言葉と勘違いされる方もありますが、

仏教思想とは何の関係もありません。

 

こんな場合仏教では、その日が悪いのではなくて、

大きな失敗をするような原因をつくった過去の言動の数々、

その過去の日々こそ真に反省すべき、悪い日々だった、

と説きます。

 

しかしその日を境に、

自分の日ごろの仕事振りを反省し、

向上のきっかけとできれば、

五年、十年後には

「あの日はオレにとって忘れられない。

 あの日がなかったら、今の自分はいないよ。」

と喜べる、良い日になっているはずです。

 

=========

 

アメリカで各界の成功者70人に

インタビューをしたところ、

自分が犯した間違いを

『失敗』と考えている人は1人もいなかった。

 

彼らは間違いとは言わずに、

『人生経験』

『授業料』

『回り道』

『成功のチャンス』

と言っていた。

 

=========

 

失敗する日はあります

 

「日々是好日」

その日が自分にとって、

良い日になるか、悪い日になるか、

これからの言動が決定していくのです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。