親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

誰しも経験ある、お釈迦様が説かれた四苦八苦の一つ【怨憎会苦(1)】

f:id:kikuutan:20150302162942j:plain

「怨憎会苦」という苦しみがある、

とお釈迦様は説かれています。

 

【嫌いなひと、苦手な人と会わなければならない】

苦しみのことです。

 

「はーっ、今日もあの人に会わなければならないのか」

と思うと、朝からため息が出てくる。

 

「あーあ、またあの人に何言われるのか」

と思うと、道中も胸が重い。

 

「あの人が行くなら、私は行かない」

と旅行を断ったり、

「あの人が受講するならば、私は出ない」

と言ったりする人があります。

 

中には、

「あの人がいる部屋にはいたくないから行きません」

とまで言う人があります。

 

嫌いな人が部屋にいるだけで、

耐えられない、

気持ち悪くなってくる、

ということなんですが、

私自身、そこまで人を嫌いになった経験がないので、

ちょっとよくわかりません。

 

「別にその人が部屋にいても、

 言葉を交わしたり、視線を交わしたり

 しなければいいじゃないですか」

と言うと、

「嫌いな人の「ハ~~」と吐いた息を

 吸うのが嫌なんです。

 吐いた息が部屋の空気と混じって

 自分が吸っているかと思うと、

 虫唾が走るんです。」

と言われました。

 

そんな嫌いな人が

もし上司だったらどうなるんでしょう。

 

「嫌いだから職場に行きません」

と言ったら、たちまちリストラにあうんだし、

生活できません。

 

やはり鼻つまんででも、

出勤しなければなりません。

 

もし嫌いな人が夫だったらどうなるんだろう。

 

「えー、なんで夫が、嫌いな人になるの

 好きで一緒に生活したいと

 思った人じゃないの」

と思われるかもしれませんが、

「愛憎一如」という言葉もあります。

 

「愛したのに、大切にしたのに、

 こんな人とは思わなかった」

と失望すると、

余計、憎しみがわいてくる、

というのです。

 

とことん愛しただけ、

その想いが報われなかった時に、

顔も見たくないほど、

憎しみがつのるといいます。

 

「妻の顔を見るだけでムカムカする」

「夫のいる部屋の空気を吸いたくない」

という夫婦は、昨今珍しくありません。

 

「怨憎会苦」

職場でも家庭でも、生きてゆく以上、

この苦しみは避けられません。

 

科学がどれだけ進歩しても、

政治形態が変わろうと

もう変わることのない

人間の普遍的な苦しみの一つといえましょう。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。