親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

【仏教の根幹とは?】般若心経や座禅をしているけれど、仏教がよく分からない…

f:id:kikuutan:20150425105644j:plain

因果の道理は仏教の根幹です。

「根幹」とは根であり、幹である、ということ。

仏教を一本の木とすれば、

その根っこや幹にあたるのが因果の道理です。

 

根幹に対して、枝葉という言葉もあります。

あまり大切でないことをいう時に使われます。

「そんな枝葉の問題を論じていても~」

「枝葉末節ばかりにこだわって~」

などと使いますよね。

 

枝葉と違って根幹は

木にあってはなくてはならないものです。

根っこがなければ木は枯れてしまいますし、

幹がなければ木は倒れてしまいます。

 

同様に因果の道理がわからなければ、

仏教は一切わかりません。

 

「私は仏教聞いてもう20年になる。

 般若心経も暗記しているし、

 お釈迦様のエピソードも相当知っている。」

と言っている方でも、

因果の道理は聞いたことがない、としたら、

その方は仏教を全然わかっていない、

と言えます。

 

あるいは

「私は仏教を学んで20年以上になるけど、仏教はよくわからん。」

とこばされる方も少なからずおられますが、

そんな方の場合、枝や葉っぱの部分は聞いておられても

根幹をしっかりと聞いておられないからこそ

そうなってしまう場合が多いのです。

 

根っこや幹から枝が伸び、葉をつけるのですから、

まずその元となる根幹を知らねければ

仏教はわからなくなるのは当然です。

 

自己啓発やスピリチュアル等を学んでおられる方とお話しすると、

カルマの法則など仏教の因果の道理に近いことを言われ

感心することはあるのですが、

ところどころ、その人の聞いている思想のオリジナルの部分があります。

 

よく言えばオリジナル、

悪く言えば仏説からは曲がってしまっている、

そういう部分を感じます。

 

明日から仏教の根幹である『因果の道理』について

掘り下げてお話してまいります。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。