親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

リーダーなら学びたい、お釈迦様の弟子との接し方

f:id:kikuutan:20120623202507j:plain

お釈迦様の数多くのお弟子の中に

特に十人の優れたお弟子があって

これを『釈尊の十大弟子』といいます。

 

舎利弗(しゃりほつ)は智慧第一。

目連(もくれん)は神通力第一。

富楼那(ふるな)は説法第一。

阿難(あなん)は多聞第一。・・・

 

このことにかけては数多くの弟子あれどこの人が一番だ、というお弟子です。

 

医学でも内科医、外科医と分かれていますが、

内科医といってもいろいろあります。

このことにかけては徹底的に勉強している、そういう内科医がいます。

消化器のことはわからない、しかし心臓のことは徹底して詳しい、

心臓の内科の権威という人もあります。

心臓のバイパスの難しい治療では

「あいつ、呼んでこい、このことに関してはあいつだ。」という人です。

 

ピッチャーも昔は選抜完投型は珍しくありませんでしたが、今は分担制です。

先発、中継ぎ(セットアッパー)、中継ぎ(ワンポイント)、中継ぎ(ピンチ時)、 抑え(守護神)・・・

いろいろあります。

この場面で左バッターには「あいつだ。」という人もあります。

 

私たちも仕事で

「このことに関しては我が部署で一番はあいつだ。」

というものを持つことを目指したらいかがでしょう。

周りから一目置かれる存在になるはずです。

 

その次は

「このことに関しては我が会社で一番はあいつだ。」

というところを目指しましょう。

 

やがては

「このことに関してはこの業界ではあいつだ。」

というところまでいきましょう。

生涯、頼られ、大切にされることでしょう。

 

「あのことがあいつはできていない。」

「このことはとりわけだめだ。」

と人のできていない点ばかり査定して人を評価する人もあリますが

お釈迦様はそういう方ではなかったようです。

その人の長所、他の人にない才能を見出し、

得意な点を評価され、

伸ばしていかれたのでしょう。

 

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。