親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

『愚かさを知っている愚か者』と『賢いと思っている愚か者』

f:id:kikuutan:20150521220345j:plain

お釈迦様の十大弟子が自分の強みを発揮して活躍されたことを通して、

長所を発見して適材適所で生かすことの大切さを

前回お話しました。

 

 

こういう話をすると、

自分に強みなんかないです、

という悲観する人もあります。

 

 

お釈迦様のお弟子にもそういう人がありまして、

実はそんな人が十大弟子のお一人となっているのです。

シュリハンドクという人です。

 

 

自分の名前も覚えることができないような生来、頭の弱い人でしたが、

そんな人が釈迦十大弟子になられたいきさつを紹介いたします。

 

 

====

 

ある日の朝、お釈迦様がお弟子と食事を取ろうとしておられると、

シュリハンドクの姿がない。

兄大路が愛想をつかし、追い出したのだ。

 

 

弟子達は馬鹿なシュリハンドクのことなど、

気にしてはおらず、誰も居場所が分からなかった。

 

 

そこでお釈迦様は

「法友が一人いないのに食事をしようとするのは何ごとか。

もうよい私が探してくる」

と仰言って、探しに行かれたのである。

 

 

一方シュリハンドクは門の外で泣いていた。

「なぜ、そんなに悲しむのか」

釈尊は、親切におたずねになった。

正直に一切を告白し、

「どうして私は、こんなばかに生まれたのでしょうか」

さめざめとハンドクは泣いた。

 

 

「悲しむ必要はない。おまえは自分の愚かさを知っている。

世の中には、賢いと思っている愚か者が多い。

愚かさを知ることは、最もさとりに近いのだ」

釈尊は、やさしくなぐさめられて、

一本のほうきと

『ちりを払わん、あかを除かん』

の言葉を授けられた。

 

 

シュリハンドクは清掃しながら、

与えられた聖語を必死に覚えようとした。

 

 

『ちりを払わん』を覚えると『あかを除かん』を忘れ、

『あかを除かん』を覚えると『ちりを払わん』を忘れる。

 

 

しかし彼はそれを二十年間続けた。

その間、一度だけ、釈尊からほめられたことがあった。

「おまえは、何年掃除しても上達しないが、

上達しないことにくさらず、よく同じことを続ける。

上達することも大切だが、根気よく同じことを

続けることは、もっと大事だ。

これは他の弟子にみられぬ殊勝なことだ」

釈尊は彼の、ひたむきな精進を評価せられたのである。

 

 

そんなある日、ある催し物があり、いつも担当している部屋を

念入りに掃除することになった。

日頃はこんなところにはちりやはこりはなかろうと思って

動かしたことのない置き物をどかした途端、

山と積まれたちりやほこりがあったのだ。

 

 

彼は、ちりやほこりは、あると思っているところばかりにあるのではなく、

こんなところにあるものか、と思っているところに、

意外にあるものだということを知った。

 

 

そして、

「オレは愚かだと思っていたが、オレの気づかないところに、

どれだけオレの愚かなところがあるか、わかったものではない」

と驚いた。

 

ついに彼に、阿羅漢のさとりが開けたのである。

 

よき師、よき法にあい、よく長期の努力精進に耐えた

結実にほかならない。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。