親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

釈迦は人間を「慢心のかたまり」と教えられている

f:id:kikuutan:20150617074538j:plain

 

職場でも、学校でも、家庭でも

ミスの多い人と、ミスなくそつなくこなす人とあります。

あなたはどちらです?

 

ミスのない人は、ミスする人を見下す心が出てきます。

「もっと気を張れよ。おれなんかは少なくとも・・(以下、自慢)」

「もう少しみんなの迷惑考えたら。私はいつも・・・(以下、自慢)」

「あいつ、つかえないな。オレがあの仕事やったらもっと・・・(以下、自慢)」

と自惚れる。

 

ところが驚くことに、ミスする人は、

実はミスしない人に自惚れていたりします。

「あいつはエリートだからな、けっこう挫折があれば

 すぐだめになっちゃうんじゃないか。

 その点おれは雑草のように、踏まれても根強く生きてきたから。」

また、

「あいつは、叱られたことがないから、

 叱られた人の心の痛みはわからんだろう。

 おれはいろいろの失敗を経験しているから

 落ち込んでいる人の気持ちがよくわかる。」

と自惚れている。

 

自分のこと振り返ってみても、

どちらの立場でも思い当たることばかり

どっちに転んでも、自惚れから離れられないのでしょう。

釈尊は人間は「慢のかたまり」と教えられました。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。