親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

人の目が気になって仕方がない人へ。他人鏡を分析してみましょう 

f:id:kikuutan:20150725212404j:plain

お釈迦様は仏教を『法鏡』と言われました。

 

「仏教は私のありのままの姿を映す鏡だぞ」

と仰言っています。

 

私たちが普段自己を知る手がかりとしているのは、

多くの場合、『他人鏡』です。

 

『他人鏡』とは

他人様の目に映れた自分の姿を見ていくということです。

 

人は自分のことをあれこれと評価します。

 

「あの人はああいうところあるよね。」

「あいつってこういう人だよ。」

といろいろ言われることがありましょう。

 

それを虚心坦懐に、掌を加えずに

「ああ、俺ってそういう人間なんだなぁ。」

と受け止めていくのが『他人鏡』です。

 

SNSなどの紹介文とかは、

この場合適当ではありません。

結婚式の友人のスピーチも

当てになりません。

 

ああいう場ではいいことしか言いませんし、書きませんから。

 

紙を配り、匿名で、

筆跡鑑定も出来ないようにして、

「○○○○とはどんな人間でしょうか。

 みなさん、思うところを書いてください。」

と職場のみなさんに書いてもらう。

 

それを一枚一枚、読んで

「はぁ。。こんな風に思われていたのか。。。。」

と確認していくことです。

 

さて、この鏡は自分の姿を正しく映し出すでしょうか。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。