親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

奥さんに無頓着な人は大きな損をしている

f:id:kikuutan:20150730225735j:plain

 

マネジメントの本を読むと、

部下をほめることの大切さが繰り返し訴えられています。



「弱みではなく、強みを見る」

「目標を魅力的に示し「やる気」にさせる」

「成功体験を積ませて、しっかり褒める」

などなど。。



職場で皆が一致協力して成果をあげられるように

統率するその部署のリーダーは

何冊も本を読んだり、セミナーを受講したりして

マネジメントを勉強します。



ところが職場で部下には心がけている優秀なビジネスパーソンも

家事をしてくれている奥さんには無頓着、

というケースが往々にしてあるようです。



家事、育児は重労働で、

終わりがなく、

誰からも感謝されず、達成感もありません。

苦労の割にはやって当たり前と思われがちです。



それに加えて

「家にいるんだから暇だろ」

「毎日家にいていいね」

などと心ない言葉を投げつけられたら

とてもこの人とはやっていけない、

という気持ちになるのは当然でしょう。



部下の信頼を失うのも大きな痛手に違いないが、

人事異動もあるし、しばらくの間です。



奥さんの信頼を失ったら

一生の不幸です。



奥さんをないがしろにする人を見ると

人生における軽重感覚に鈍いのではないか、

と心配になります。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。