親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

あと一ヶ月の命と期限を突きつけられたら

f:id:kikuutan:20150828212544j:plain

 

【諸行無常(5)】

 

■リューマチで絵筆が持てなくなったルノワールが

晩年こう漏らしたといいます。

「手足がきかなくなった今になって、

 大作を描きたいと思うようになった。

 ヴェロネーゼや、

 彼の『カナの婚礼』のことばかり夢みている!

 なんて惨めなんだ!」

 

私たちはこの自分の手で

いつでも好きなものを握れると

思ってます。

しかし、諸行無常の世の中、

いつ何かの病気で、この手も

言うこということきかなくなるか

わかりません。

 

■【いつまでもあると思うから、大事にできない】

『ロード』という歌の歌詞に

「何でもないようなことが幸せだったと思う。

 なんでもない夜のこと。

 二度とは戻れない夜。」

とあります。

人は失った時に始めて

それが当たり前でなかったと知ります。

 

■【いつまでもあると思うな 親と金】

ということわざもあります。

親を失って始めて、

孝行してこなかったことを後悔する

お金もそう。

散 財して困窮した時に、

「あ~。なんであんなことに遣ってしまったのか。」

と悔やむ。

 

■もっとも痛切に知らされるのは

我が身の命でしょう。

医師から、「あと1か月の命」と宣告されたら、

どんな気持ちになるでしょうか。

あと一ヶ月、何に使いますか??

▼「本当にやりたいことをしたい」

▼「本当に会いたい人と会いたい」

▼「本当に話したいことを話したい」

▼「本当に行きたい所へ行きたい」

▼「本当に見たいものを見たい」

余命1か月となったら、

今よりずっと、真剣に生きるでしょう。

 

■逆に言えば、今までの生活は、

ニセものだったと

感じられるのではないでしょうか。

会いたくもない人と顔を合わせ、

つまらぬ会話にうなずいて、

みんなと歩調を合わせて行きたくない所に行き、

取り残されたくないから見たくもないものを見る。

本当の意味で「生きてはいなかった・・・」

だから「さっさと生きてさっさと死にたい」

とさえ思っていた。

 

■あと一ヶ月の命と期限を突きつけられたら、

その心は一変する。

「人間に生まれたのは、

これを成し遂げるためであった」

といえるものが、何かオレにあっただろうか?

自問自答せずにおれなくなります。

せめて残りの1か月だけでも、

本物の人生を送りたい、と思うでしょう。

【無常を観ずるは 菩提心の一なり】 (釈尊)

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。