親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

人生の意味を問う「真に重大な哲学上の問題はひとつ、自殺ということだ」(カミュ)

f:id:kikuutan:20150829214656j:plain

 

【人身受け難し(1)】

 

「真に重大な哲学上の問題はひとつしかない。

 自殺ということだ。

 人生が生きるに値するか否かを判断する、

 これが哲学の根本問題に答えることなのである」

   (カミュ『シーシュポスの神話』)

 

親友が「死にたい」と相談して来たら、

あなたならどうするでしょうか。

あるいは、あなたが「死にたい」と、心許せる友に相談した時、

どんな答えが返ってきたら思い留まりますか。

 

「死んでしまったら何もかも終わりだ。

 生きていればきっといいことがあるよ」と言われても

「生きていてもいいことが無い」と感じるから

「死んだ方がマシ」と思うのですから、

実は答えになっていません。

 

やはり「生きることには意味があるのか、無いのか」

これだけが問題ではないでしょうか。

 

人生には目的がある、

どうしてもやり遂げねばならない目的がある、

果たさねば悔やんでも悔やみきれない目的がある、のならば、

誰でも死を思いとどまるでしょう。

問題は、明らかな目的があるか、無いかです。

 

これが哲学の根本問題だ、とカミュは言いたかったのでしょう。

 

さて、この人類究極の問いに

ブッダはどう答えを示されたのでしょうか。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。