親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

ヤセがまんなしでは生きていけない涙ぐましい男の胸の内

f:id:kikuutan:20150910212203j:plain

夫は妻の心がまったくわからない。

妻は夫の心がまったくわからない。

ぜんぜん通じない。

男女の心の構造は非常に違うのです。

同じ「人類」の枠でくくっていいものか。

「男類」「女類」と呼ぶべきだ、という人もあります。

 

それでも同じ屋根の下で生活を共にするのですから、

せめてわからないことを反省して

察する努力を死ぬまでし続けなければならないでしょう。

あるエッセイの内容が身に沁みますので、

紹介いたします。

 

==============

彼は、サラリーマンである。

ひそかに彼が見くだしていたBが、

人事異動で、同期から、

初めて課長に昇進した。

彼は、ショックを受けた。

 

だが彼は、Bにかけよって、

「おい、おめでとう。よかった、よかった」

と、肩をたたいて握手を求めた。

負けたくやしさを無理にがまんして、

まったく平気なように演技する。

 

さらに、おきざられ組は、

当然のように集まってBの祝賀会を催す。

お互いに、ヤセがまんしたことを、

他人に知られたくないという思いは同じである。

屈辱を自覚するのが怖いのだ。

ある線まででくいとめたい。

男心は哀しいではないか。

 

くたくたに疲れた祝賀会の後にも、

まだ彼らには難関が残っている。

家の玄関をあけると、奥さんが迎える。

「あら、また飲んできたのね」

「うん。Bが今日、課長になった」

「その祝賀会があったんですね」

 だれとだれが昇進したのかと、奥さんが追及する。

「同期が先に課長になったっていうのに、よくも平気でいられるわね」

「そりゃ同期の全員が、同時に課長ってわけにはいかんさ」

「なら、あなたがなればいいでしょ」

「いやあ、Bは優秀だからね。適任だよ。さあて、風呂にでも入って、ねようか」

「意地もなにも、ありゃしないんだから」

 

ヤセがまんなしでは生きていけない涙ぐましい男の胸の内が、

まったくわかっていない。

察しようともしない。

聡明な奥さんなら、それに気づいたうえで、そっとしておく。

 

悪妻はもちろん、気づかない。

見せかけを真にうけて突っかけていく。

男のコンプレックスに、

妻が土足で踏みこんではならない。

ヤセがまんでは、すまなくなろう。

 

===========

お互い自戒していきましょう。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。