読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

キリスト教の神の第1原因による証明法の誤謬とは

f:id:kikuutan:20150926204508j:plain

 

キリスト教の神はクリエイター、万物の創造主という意味であり、

人間一切の動植物、この宇宙全部、神による被造物である、

のがキリスト教やイスラム教の教義です。

 

ちょうど私たちが精巧な時計やラジオを作ったように

神も私たち人間、宇宙自然を作ったのだ、といいます。

 

イギリスの哲学者B・ラッセルが

万物の創造主という教義に反論をしてます。

「18歳のある日、わたしは

ジョン・スチュアート・ミルの自叙伝を読んだのです。

ところが、その中で、わたしは次の文章を発見しました。

「わたしの父は、

'誰がわたしを造ったか'という問題は答えられない、

ということをわたしに教えた。

なぜならば、その問題は、たちどころに、

「誰が神を造ったか」という、さらにもう1つの問題を暗示するからである。」

その極めて簡単な文章が、今でもそう思うのですが、

第1原因による証明法の誤謬をわたしに明示したのであります。

もしあらゆるものが原因を持たねばならないとするならば、

そのときは、神にも原因がなければなりません。

もし原因なしに何かが存在することができるとするならば、

神と同じように、「世界」であってもよいことになりましょう。

そうなると、その議論には、なんの妥当さもありえないことになります。

それは、まったく例のインド人の意見と同じであります。

それによりますと、世界は1匹の象の上にあり、

その象は1匹の亀の上にあるというのです。

ところで『亀はどうなんですか』と聞かれたとき、

そのインド人は、

'話題を変えられたらどんなものでしょう'

と言ったということです」

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。