読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

人の真価を決める「金」という存在

f:id:kikuutan:20151016212146j:plain

何年か前に脱税姉妹として

新聞や週刊誌をにぎわせた60代の姉妹がありました。

親の遺産59億円を自宅に隠し、

28億の脱税容疑で逮捕されたのです。

隠したお金はダンボールで50個分、

1日10万円使って161年かかる計算です。

「金が金を呼ぶんや」と

貸金業で荒稼ぎした父親の遺産だったといいます。

 

それにしても思うのは、

【お金は使うためにある】

この平凡な真理の分からぬ人のいかに多いことでしょう。

貯めるだけ貯め、

使わずに死んだり

捕まったりする。

稼ぐのにあれほど智謀を尽くしながら、

使い道になぜ、こうまで無頓着なのでしょう。

 

こんな話があります。

======

全財産を金塊に換え、

人里離れた所に埋めた男がいた。

しかし、盗まれていないだろうか、と不安でならない。

結局、彼は、こっそり通って掘り返し、

無事を確認するのが日課になっていた。

その行動に不審を抱いた近所の悪党が、

男の後をつけて、秘密を知ってしまったのである。

次の日、いつものようにやってきた男は、

卒倒せんばかりに驚いた。

隠し場所が暴かれ、

すべての金塊が盗まれているではないか。

彼は、髪の毛をかきむしり、

「もう、生きる希望もない」

と、いつまでも悲嘆に暮れている。

ある人が、言った。

「そんなに悲しむのはよしなさい。

あなたは、実際は、

お金を持っていなかったのと同じなのですから……。

お金は、使うためにあるのです。

お金があった時も、

使わずにしまっておいたじゃないですか。

使わない金塊なら石と同じです。

同じ場所に石を埋めて、

金だと思ってはどうですか」

=======

 

【如何に儲けるか】

より

【何に使うか】

にこそ、その人の真価が問われるのです。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。