読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

人をだめにしようと思ったら

f:id:kikuutan:20151106205741j:plain

 

【仏願(2)】

 

■「好きなことを好きなだけできれば幸せだ」

という人生は

みなの憧れですが、

この人生観に問題はないでしょうか?

何回かに分けて考察しています。

 

■人間の体は飢餓には強いが、

過食には弱い

といわれています。

氷河時代を含む何十万年に及ぶ

人類の歴史は、

おおよそ飢餓との戦いの歴史でした。

日本でも一日三食になったのは

江戸元禄期からです。

まして「飽食」などというのは

先進国で、つい最近のことですから

人間の体はそれに対応できるシステムを

もっていないのです。

 

■ナチスに占領された当時のオランダのことです。

食糧事情が悪くなったせいで

成人病患者がいなくなったそうです。

しかし餓死者が出るほどの水準でもなかったので、

かえって住民の健康水準が向上し

平均寿命が延びることとなったというのです。

 

■『ハングリー精神』といわれるように、

人間の精神にも同じことがいえるのでしょう。

以下は、学生時代に聞いたことですが、

今も心に残ってます

=====

人をだめにしようと思ったら

どうすればいいか?

時間と金を奪えば、

人はダメになるのではない。

逆だ。

人をダメにしようと思えば、

その人に時間とお金を

ふんだんに与えることだ。

=====

時間が有り余っていて

ヒマでヒマでしょうがない、

しかも湯水のごとく

使えるお金があるとしたら、

私だったらどうなってしまうだろう、

と考えてみます。

どこどこまでも脱線して、

ろくでもないことを

し始めるのではなかろうか、

と確かに危うく思います。。

時間もない、

使える金も限られている、

そんな中、寸暇を惜しんで

努める仕事だからこそ、

アイデアも湧くし、

気力も充実するのでしょう。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。