読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

思い通りになる世界は恐ろしい

f:id:kikuutan:20151108192044j:plain

 

【仏願(4)】

 

■“平和が大嫌い”と言っている者が、

戦争を始めるのではありません。

世界の歴史を見ると、

平和を強く叫んでいた者が、

人殺ししたり、戦争を起こしています。

戦争を始める人の決まった言い分は

「平和を守るため」です。

 

■職場でも誰かを非難中傷する人は

「あの人がいると職場がうまくいかない」

と言うものです。

本当はその人がいると、

職場がうまくいかないのではなくて、

自分がうまくいかないだけなのに・・・

 

■私たちは自分にとって都合の悪い人、

たとえば、この人がいると儲からない、とか

この人が邪魔で自分の意見が通らない、とか

そういう人を非難するときは

「みんなが迷惑している」

「あの人をこのままにしていてはよくならない」

と言い出すのです。

 

■親鸞聖人のお言葉に

『愛憎違順(あいぞういじゅん)することは

 高峯岳山(こうぶがくさん)に異ならず』

という言葉があります。

 

順う者は愛して近づける

違う者は憎んで遠ざける

ということです。

言うことを聞いてくれる人、

自分の欲を満たしてくれる人は

「好き」

「いつまでも一緒にいたい」

そして何とか近づけようとする、

重宝しようとする

自分に苦言を呈するもの

自分の欲を満たすに都合悪い人は

「嫌い」

「はやくいなくなれ」

なんとか視界から消えてほしいと画策する。

「そんな心は高く大きく、

 高峯岳山と変わらない。

 なんと浅ましい親鸞だろう。」

と親鸞聖人は懺悔されています。

 

自分の思い通りになる世界は

知らず知らずのうちに欲が肥大化して

醜態をさらす、恐ろしい世界だと感じます。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。