読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

ほどほどにできない凡夫

f:id:kikuutan:20070830234612j:plain

 

【仏願(5)】

「ほどほどの幸せでいいじゃないか。」

と言われます。

「知足」と言う言葉もあります。

不足ばかり言っていては幸せになれませんよ、

足ることを知りなさい

世界中には飢餓で亡くなる人も多いのに、

日本に生まれ、ちゃんと一日三食食べれるんだし、

感謝しなければならないんだよ

 

このように

「ほどほどでいい、知足たれ」

といういうことはよく語られますが

問題は「ほどほど」にできるかどうか、です。

■私はよく思うのですが、

首相になると、

あそこまでマスコミから叩かれ、

侮辱されねばならないか、

と気の毒になります。

人相が変わるほどですから、

苦労してるのが痛々しいほどです。

そういうのをそばで見ていながら、

それでもあとからあとから成りたがる人っているんですよね。

一議員では満たされず、

市長になりたい、

その辺がほどほどでいいのでは、とアドバイスしても

ここまできたなら県知事に、と

いや、国会議員に、

そのへんでほどほどにしといたら、といっても耳を貸さず、

大臣に、

大臣になると、今度は首相になりたくなる

権力の階段をもっともっとと上ってゆく。

■早々に売ればよかったのに

「まだまだ上がる?」

と持ち株を手放せず、

リーマンショックで大暴落して大損した人がいます。

ほどほどの儲けで満足していればよかったのに・・

こうなると、

「いまさら悔しくて売れるか。

 また株価回復するのでは。」

とあてにならない展望で

株を未だに持ち続けています。

【わかっちゃいるけど止められない。】

ここに悲しい人間の実態があります。

だからこそ仏願が建立されたのでした。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。