親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

仏教の根幹「因果の道理」とは

 

f:id:kikuutan:20151005073944j:plain

 

【因果の道理(1)】

 

■『因果の道理』は、仏教の根幹です。

根っこがなければ木は枯れてしまうように、

幹を切ったら、木は倒れてしまうように、

『因果の道理』がわからなければ、

仏教は一切わかりません。

 

釈迦一切経は七千余巻にのぼりますが、

それらを一貫しているのが『因果の道理』です。

ですから、このブログでも、

角度を変え、随時お話してゆくことになると思います。

 

■因果の道理とは、一言で言うと、

【ある結果には、必ず原因がある】

ということです。

【結果】とは、【私達の身の上に起きる、様々なこと】

今年1年もあと一ヶ月ちょっとを残すのみですが、

2015年は、皆さんの身の上に

どんなことが起きたでしょうか。

嬉しかったこと。

悲しかったこと。

悔しかったこと。

楽しかったこと。

いろいろなことが起きたと思います。。

これら身の上に起きたことはすべてあなたの【結果】です。

そこには必ず、あなたがそうなる【原因】があった、ということです。

 

■見ず知らずの場所で、たまたま知人と

出会うということってありますよね。

「偶然ですね~」と言いますが、仏教では、

そういう結果が起きた原因が必ずあったのだ、

と説きます。

考えてみると、結婚相手というのも、

35億の女性の中から1人選ぶんですよね。

向こうも35億の男性の中から1人選ぶ。

その1人と1人が結ばれる。

そして、ケンカしたり、支え合ったりしている。

そんな結果も、一人一人違います。

「なんで私ばかりがこんな目に・・」

と思う場面も少なくありません。

「あなたが受けたそんな結果にも、必ず原因があってのことなのだ」

と釈尊は解き明かしました。

 

■医学でも、「なぜこの腹痛が起きたのか。」

その原因を探求しますし、

科学でも、「なぜ雷は落ちたのか。」

探求いたしますが、

こと仏教において、

「結果には必ず原因がある」

という、この法則は大変厳格で

例外を一切認めません。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。