親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

ニュートンと煩悩

f:id:kikuutan:20151217205711j:plain

【煩悩(1)】

 

■仏教に『有漏の穢身』という言葉があります。

『煩悩』を『有漏』といい、

煩悩に穢れた身体を『穢身』といい、

煩悩に染まり、穢れ切っている我々のことを

『有漏の穢身』と説かれています。

 

スマートな立ち振る舞い、

エレガントな身のこなしに、

「あの人に下心や怒りやねたみなどの煩悩があるんだろうか?」

と思える人もありましょうが、

やはりそんな人でも

煩悩にまみれている実態は変わりません。

 

■以前、「初恋の人はニュートンです。」

という女子がいました。

教科書に出ていたクールでハンサムな容貌に加え、

結婚もせず

科学に一生を捧げたストイックな人生に

感銘を受け、

好きになった、とか。

 

そういえば私も子供のころは

学問の世界に生きる人は、

収入や名声に目もくれず

純粋な真理への探究心を貫く

清廉なイメージがありました。

 

■ところがその件のニュートンですが

やはりドロドロと煩悩にまみれた実態がみえてきます。

有名なのは、ドイツの哲学者ライプニッツとの論争です。

数学の微積分学という分野を、

どちらが早く発見したかをめぐって

大騒ぎとなりました。

今ではニュートンが先だったと判明していますが、

発表はライプニッツの方がずっと早かったのです。

ニュートンは自分を擁護する論文を、

友人の名を借りていくつも公表します。

 

ライプニッツが死ぬと

「彼の心臓が破れて大満足だ」

とまで言ったというのですから、

よほど、怒り心頭に発していたのでしょう。

広告を非表示にする

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。