親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

仏教が説く五つの欲とは

f:id:kikuutan:20110910092509j:plain

【煩悩(4)】

 

仏教では私たちの欲の中でも代表的な五つを『五欲』といわれ、

そして人間は常に五欲で動いている、と説かれています。

 

五欲とは

【食欲】【財欲】【色欲】【名誉欲】【睡眠欲】の五つです。

【食欲】とは、食べたい、飲みたい

【財欲】とは、お金が欲しい、お金だけでなく、車が欲しい、服が欲しい

といった物欲も、この財欲に入ります。

【色欲】とは、男性なら女性が欲しい、女性なら男性が欲しい、と

異性を求める欲。

【名誉欲】とは、人からほめられたい、認められたい、嫌われたくない、という欲。

【睡眠欲】とは、寝ていたい、楽したい、という欲

 

朝起きてから夜寝るまで、私たちはこの五欲に

追い立てられているのではないでしょうか。

朝目覚まし時計で起こされてまず思うのは

「ねむたい」「起きたくない」という【睡眠欲】。

それでも起きるのは、遅刻すると恥ずかしいという【名誉欲】、

仕事行かなかったらお金が入らないという【財欲】に動かされてのことです。

それから何着ていこうかと【名誉欲】が動き、

【食欲】が動いて、途中のカフェに寄る。

通勤中はきれいなOLに目がいって、【色欲】が動く。

職場では上司相手に、【名誉欲】が動き、

ボーナス目当てに成果出そうと躍起になるのは【財欲】です。

夕方にはビール飲みたいと、【食欲】が動き、

疲れとアルコールで眠くなって布団に入るのは【睡眠欲】。

まさに一日中、五欲の追求しか頭にない。

 

たまに悩むのは、「どの欲を取るか」の選択のときです。

あの人に告白しようか、と思いつめるのは【色欲】ですが、

断られたら格好悪い、職場に居辛いと躊躇するのは【名誉欲】です。

【色欲】と【名誉欲】を天秤にかけているのです。

ダイエットしたいと思うのは【名誉欲】であり、

それでもケーキ食べたいから食べちゃおうか、と悩むのは【食欲】です。

この場合は【食欲】と【名誉欲】を天秤にかけているといえましょう。

 

世に「克己心」といわれるものも、それは【名誉欲】だったり、

仕事熱心な人だといっても、その原動力は【財欲】だったり

ステキな人だといっても、その人をそうさせているのは【色欲】だったりです。

五欲のとりことなって、酔生夢死するのが

われわれの実態と説かれます。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。



 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。