読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

イチローとマーク・トゥエイン

f:id:kikuutan:20151229170309j:plain

【精進(2)】

最近のイチローは先頭打者は指定席、3割当たり前、

ではなくなりましたし、

...

ベンチウォーマーだったり、

引退が取りざたされたりしますが、

そんな中、若いメジャーリーガーと争い、

自分の年齢と戦って高みを目指す姿は、

チャレンジャーの気概にあふれています。

読者さんの中にも、

起業を考えたり、転職を悩んだり、結婚に踏みきろうとしたり、

人生の新たなステージに一歩踏み出そうとしている人も多いのと思うのですが、

そんな人に勇気を与えるイチローの姿ではないでしょうか。

今から14年前のインタビューでイチローがインタビューで言っていたことです。

「よく、通用するとか、しないとか、

 必ず言うじゃないですか、みんな。

 何言ってんだと思いますね。

とても悲しい気持ちになりますよ。

野球に限らず、新しい世界に挑戦しようと

している人間に対して、通用するのか、って……

どういうことなんですかね。」

常に新しい世界に挑戦してきたイチローならでは、の言葉だな、と感じました。

立ち上がって険しい道を進もうという人を

座視して批判するだけの人は見苦しいものです。

挑戦者を批判する人ではなく、

応援する人でありたいと思います。

マーク・トゥエインはこう言っています。

「あなたの夢を“どうせできっこない”と

 けなす人からは

 離れていきなさい。

 器の小さい人は、

 いつも人をけなすのです。

 しかし、真に偉大な人は、

 あなたも偉大になる可能性があることを

 教えてくれます。」

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。