読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

腹が立ったときに胸に留めたい教訓とは

 

f:id:kikuutan:20160126214010p:plain

 

【瞋恚(しんい)(3)】 

腹が立つときってありますが、

そんなときに胸に留めたい教訓があります

それは

「相手が腹を立てているときに一緒に腹をたてるな」

ということです。

 

【自分が腹を立てる時】というのは、

自分が正しい、相手が悪いと思った時です。

オレがこんなにちゃんとやっているのに、

なんだお前のそんな態度は、と腹が立つ。

自分のほうが間違っていると思ったら、

腹は立たないでしょう。

 

【相手が腹を立てている時】は

相手側が「自分が正しい」と思っているとき。

 

【双方が腹を立てる時】は、

双方ともに正しいと思っている時だから、

これはもうケンカです

 

ケンカは二人の正しい者のぶつかり合い。

「オレのほうが正しい」

「いや、私の方が正しい」

正しいと思っているから譲歩できなくなる。

相手の非を認めさせることしか頭にない。

 

「戦争には正義と悪魔があるのではない。

 二つの正義がぶつかっている」

といわれるのもこのことでしょう。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。