親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

弱者に八つ当たり、強者に憎悪

f:id:kikuutan:20160129225712j:plain

【瞋恚(しんい)(5)】

 

【怒りは弱いものには八つ当たりとなり、

 強い相手には憎悪となる】

といわれます。

 

■腹が立ったとき、自分より弱い者だった場合には

怒鳴ったり、罵倒したり、こぶしをあげたりする。

たとえば、こんな関係の場合。。。

【夫】→【妻】

女性は男性に腕力でかなわないし、

経済力でも庇護の下にある場合が多いので

DV、言葉の暴力など。

【親】→【子】

子供は常識を知りませんし、

すぐ失敗をします。

子供は主張も下手ですから

親は常に叱り役です。

子供は常に叱られ役です。

しかも親のいうことが正しいかどうか、

比較検討する視野がありません

【上司】→【部下】

業績が悪いのを部下のせいにする。

失業率の高いご時勢なので、

パワハラに耐えている社員も多いようです。

こんな事例を見聞きするにつれ、

反面教師にして

弱いものに腹を立てた時に

怒鳴ってはいけない、

ましてやこぶしをあげてはいけない

と自戒していきたいです。

 

■一方、自分より強い相手に腹が立った場合は

『憎悪』となります。

上司に馬鹿にされたり、

責任なすりつけられて

腹が立っても、それが顔に出してしまうと

「なんだ、その顔は。不服か~。」

と余計立場を悪くしてしまう

だから顔では神妙に、

声も「はい、承知致しました。まことに申し訳ありません」

と丁寧になります。

心の中は憎悪で煮えくり返っている。

 

妻は夫の浮気や理不尽な仕打ちに耐えている。

しかし怒りを表に出したら、

子供がかわいそうだから、

とじっと耐えている。

 

噴火寸前の火山にふたをして、

必死に圧に耐えている

抑えても憎悪のマグマは

黒くどろどろと固まって

ずっと心にこびりついていく

【怒りは弱いものには八つ当たりとなり、

 強い相手には憎悪となる】

人間の悲しい姿です。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。