親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

怒りは溶岩ドームに似ている

f:id:kikuutan:20160130195039j:plain

 

【瞋恚(しんい)(6)】

 

ニュースで「溶岩ドーム」という言葉を耳にしました。

噴火口が溶岩によってフタをされてしまい、

中の火山ガスに圧がかかって、

ふたがドームのように浮き上がっている状態のことです。

フタをされた状態で

どんどん中の圧が強くなり、

やがて大噴火を引き起こす、とのこと。

 

■わたしたちも怒りが爆発したくなるときでも、

「ここで怒ってはいけない」

と噴火口にふたをして、必死で抑えます。

怒ってみても

相手が受け止められるはずがない、

余計こじれるだけだ、と

経験則からも分かりますので、

怒りを抑えよう抑えようとします。

 

■怒っている人が周りにいるだけで、

怒られている当事者でなくても

気分が悪いものです。

 

つい先日、みどりの窓口で

大声で怒鳴っている中年男性を

池袋で見かけたのですが、

大人気ない理由で怒っている姿は

自分自身、不快に思いましたし、

後ろに並んでいる人たちも顔をしかめておりました。

なんであれ、怒っている人が近くにいるだけで、

腫れ物を触るように気を使わなければならなくなり、

気が滅入ってきます。

 

夫婦けんかの絶えない家の子供は、

とても心が暗くなります。

子供は無邪気に自慢話したり、

テレビの主人公の真似をして飛び跳ねたいのに、

両親がけんかしていると

敏感に空気を察知して、口数も少なくなり、

陰気になります。

 

■怒って得することは一つもないので、

怒らないようにしようと努めるのですが、

それはちょうど噴火口にふたをしている状態です。

どんどん圧が加わってきます。

「あの時、あんな事いわれた。」

「あの時はあんなことされた。」

「お礼一つない。」

「自分の非を少しも認めないのか。」

と心の中に怒りのガスが圧縮されて

フタがドームのようにふくらんできます。

そしてある時、「もう我慢できん!!」と大噴火。

避難勧告で周りの人、全員退去です。

周囲は焼け野原となり

火山灰はその後にわたって

周囲を埋め尽くしていきます。

 

そう考えたら、あまり我慢し、

フタをし続けるのも考えものか。。。

小爆発をちょこちょこ繰り返したらいいのか。

 

あなたはどう思われますか

これは今後の課題です、人類全体の。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。