親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

仏教はパワーストーンを認めない

f:id:kikuutan:20081026120522j:plain

 

【因果の道理(3)】

 

六本木にて管理職で働いておられる女性が勉強会に来られ、

終了後、話されたことが心に残りましたので、ご紹介します。

 

その方は、相手の気持ちを考えずに

ムカッとさせる言動をとってしまう部下の女性に

困っている、とのことでした。

 

同僚からは嫌われてしまい、

職場の人間関係もうまくいかず、

飲み会にも誘われません。

その相手に腹を立てさせる言動が

同僚だけでなく、

上司である自分にも

お客様にもそういう態度が出ますので、

とても大事な仕事は任せられない、とのことでした。

 

すると、その女性も

自分が認められないことから

ひがんでしまっているそうです。

 

そこで先日、少しでも気付いて欲しいと

食事に誘って、話を聞いたりしたそうですが、

なんでもその彼女は風水に凝っていて、

今の職場も部屋も自分に合わないから悪い霊気が入ってくる、

それで仕事も人間関係もうまくいかない、と思っていたのです。

その運勢、悪い霊気を和らげるにはどうしたらいいか、と

週末はパワースポットに行ったり、

高額で買ったパワーストーン

職場の引き出しに入れていたというのです。

 

「いや、それは違うでしょ?

 上手くいかないのは、

 あなたの日々の言動なのよ。」

とわかってほしかったそうですが、

できなかった、と言われていました。

 

仏教では、私の運命を決めるのは

『行為』であると一貫して説き明かします。

『行為』とは、仏教の言葉で『業(ごう)』といい、

インドの言葉でカルマといいます。

この業によって運命が引き起こされるのだ、と説かれます。

この業、カルマには力があり、

これを『業力』といいます。

 

業力とはどんな力かというと、

我々の運命を引き起こす力、です。

パワースポットとは、

運命を引き起こすパワーがスボット(場所)にあると

信じているのですし、

パワーストーンなら、

運命を引き起こす力が石にあると

信じているのです。

お釈迦様は、スポット(場所)にも

ストーン(石)にも、

運命を引き起こす力はありませんよ、

運命が引き起こされるのも

『業』日々の行為によるんですよ、と

教えていかれたのです。

これを因果の道理といいます。

 

この部下の女性も

因果の道理を受け止め、

「自分のどんな言葉が人を怒らせてしまうのだろうか。」

「どうすれば、この言動を正せるようになるだろうか。」

と、己に目が向いた時、

自分の周りを取り巻く劇的な変化に感動することでしょう。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。