読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

菩薩の進む『無上道』

f:id:kikuutan:20160408204835j:plain

 

【布施(1)】

■『布施』と聞くと、“お布施”といって、

坊主が読経した後に包むお金だろう、

という理解の方が多いのではないでしょうか。

仏教で『布施』とはどうお釈迦様は教えられているのか

今日はお話します。

 

■布施とは、「与える」こと。

相手の立場に立って、相手が喜ぶように行動することです。

ついつい、上司は部下に、部下は上司に、夫は妻に、妻は夫に

自分の都合を押し付けがちです。

そして相手の非を責めがちです。

 

相手に非を認めさせたら、こちらの気持ちは晴れますが、

相手はストレスを感じます。

相手を落ち込ませることになります。

 

相手にストレスを与えないことも、布施に徹する、一つのすがたです。

 

その分、自分がストレスを背負っていけばいいのです。

相手を落ち込ませてはいけない。

その分、自分が背負って落ち込めばいいんです。

 

自分は苦しんでもいいから、相手を苦しませてはいけない。
 

相手の時間や体力やお金を、自分のために使わせるのではなく、

自分の時間や体力やお金を相手のために使うのが『布施』です。

 

本性を語れば「自分さえよければ人はどうなってもいい」というのが私たちですから、

『布施』はとても難しい。

誰でもできることではない。

誰だって苦しみたくないのですから。

「自分は苦しんでもいいから、この人を苦しませてはいけない。

自分は苦しみの一生で終えてもいいから、この人を苦しませない。」

このように覚悟を決めて接するのが『布施』です。

相手から奪ってはいけない。

与え続けることです。

 

■仏教では、このように布施の精神をねんごろに教えられています。

そして、この『布施』に徹するのは菩薩の進む『無上道』である、と

お釈迦様は説かれています。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。