読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

宮部みゆき『火車』から学ぶ仏教

f:id:kikuutan:20160430200949j:plain

 


運動不足なので、縄跳びはじめました。

高校時代以来だなと思いながら跳んでみると

なんと100回も跳べず、

しかも二重跳びが一回しかできなくなっている。。

まとまった時間の運動はする時間は取れなくても、

縄跳びなら家の前で短時間でできるので、

しばらくこれを続けてみようかなと思っています。

 

【今日の仏語】は『忍辱』の2回目です。


============


■仏教に『惑業苦(わくごっく)』という言葉があります。

「惑」とは、迷い・惑い・煩悩のこと。

「業」は悪い行い。

「苦」は苦しみのことです。

 

「惑」が「業」を生み、「業」が「苦」を生む、

そして「苦」が「惑」を生む。

「惑」⇒「業」⇒「苦」⇒「惑」⇒「業」⇒「苦」⇒・・

延々と続いていくと説かれています。

 

■カードローンで多重債務に陥り、苦しむ人は跡を絶ちませんが、

業苦の輪が、かなりの回転数で回ってしまっている状態です。

お金が欲しい、困った、どうしようと「惑」の心が起きます。

つい借りてしまう、これが「業」です。

返済が迫られる、これが「苦」です。

その苦しみからまたどうしようかと迷い、「惑」

また借りる「業」

借金がかさむ「苦」

借金の額が増え、カードも幾つも作り、

よからぬ金策に走ったりして、そのことで頭を悩ませ、

仕事も手につかず、人にも優しくできなくなり、

となっていくのが、惑業苦の輪が回っている姿です。

 

■一昔前は借金といえば、

親族や友人に頭を下げるなどしなければならなかったり、

あるいは周りの目をはばかりながら、

急ぎ足で質屋の暖簾をくぐらねばならなかったので、

借金自体ハードルが高かったのですが、

今日のご時世、ATMからお金を下ろしているのと同じ感覚で

キャッシング=借金という認識さえ麻痺して

しかもリポ払いでいくら買っても払う額が一定と

多額の借金も軽い気持ちになっていってます。

 

■カード会社も、借金を怖ろしくないものといかに思わせるか、

の方策を次々と打ち出しますから、

うっかりしているとだまされて借金している、という状態です。

 

■人気作家、宮部みゆきの代表作「火車」には、

カードローンで身を持ち崩す人間の実態が描写されていますが、

繰り返し語られているのは、出会い頭の交通事故のように

普通の人、一般の常識人も、

いつカードローンの犠牲者になるかもしれないという実態でした。

「あたし、どうしてこんな借金をつくることになっちゃったのか、

自分でもわからない」

「あたし、ただ幸せになりたかっただけなのに」

「夢はかなえることができない。さりとて諦めるのは悔しい。(中略)

そこへ、見境なく貸してくれるクレジットやサラ金があっただけって話」

 

■昔より自制心が試されている時代ともいえましょう。

野菜の無人販売のように、お金が店頭に並べられていて、

自由に持っていけるような感覚の時代です。

ただしどれだけ持っていったか、

こっそり厳しく管理されているので、

どれだけ欲しくても、我慢しなければなりません。

 

■昔は返済が滞っても、親族だから

いつの間にか利子が増えるということもなく、

質屋の場合、入れた質草が返ってこないだけで、

厳しい取り立てが始まるということはありませんでしたが、

今は深刻です。

 

苦しい時に、やってはいけないことをして

余計苦しみを深めるのが人間ですから、

苦しい時こそ「ここだなあ」と忍耐が大事です。

 

=========

人生の大きな苦しみにぶつかった人が、
仏教の教えによってどう乗り越えていったか
映画の案内です。
↓↓↓↓↓↓
http://nazeikiru-eiga.com/pc/index.html

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。