親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

聖徳太子が尊敬せよといわれた僧侶とは

f:id:kikuutan:20160509211551j:plain

 


先回まで3回にわたって、

「僧に非ず」と言われた御心について話をしてきました。

 

では次に「俗に非ず」とはどういうことでしょうか。

親鸞聖人は、肉食され、家庭を持たれたのだから、

俗人として生きられたのではなかったのか、

なぜ「親鸞は俗人ではないぞ」と仰言ったのでしょうか。

 

それは本当の「僧」の相を知っておられたからです。

お釈迦様は、仏弟子の自覚に燃え、

仏の教えを説く人を『僧』と言われました。

仏の代官として、

みなに仏の教えをお伝えする使命を持つ人のことです。

 

聖徳太子は17条憲法

「篤く三宝を敬え 三宝とは仏法僧なり」

と言われています。

仏宝、法宝、僧宝の三つの宝を敬いなさい、

憲法に定められました。

○仏の悟りを開かれた方を敬いなさい。

○仏の悟りを開かれた方の説かれた教えを敬いなさい

○仏の説かれた教えを伝える人を敬いなさい

と言われています。

仏の教えを正しく説き明かされる方を、

本来『僧』というのです。

 

ところが今日は「僧」といえば、

葬式や法事を執り行う人、と思われています。

手次の寺、檀家寺、○○寺の門徒

地方によっていろいろ言われ方がありますが

いずれも親族の不幸があったときに

葬式や法事を頼む寺の事であり、

先祖代々の墓を番している寺のことだと思われています。

 

本来は、手を次いで浄土までお連れする

と言う意味で「手次の寺」なのですが、

導くべき立場の者も、そんな自覚はなく、

よって導かれる人たちは

仏教は死んだ人に用事があるものと思っています。

 

本来、僧侶とは仏法を説くことに専念する立場なのです。

仏教の教えを明らかにするのは難事業だから、

ほかの仕事を片手間にできるはずがないのです。

精一杯法を説く僧を敬う気持ちから、

門徒の人が財や米を布施をして、その財施で生活するのが

お釈迦様以来、変わらぬ僧侶のあるべき姿です。

 

肝心の法を説かず、

葬式法事で生計を立て、

戒名や墓の収入の計算ばかりしている僧は

もはや俗人であって、

お釈迦様が説かれた「僧」ではありません。

 

釈迦の教えをそのまま伝えることに

重い責任と誇りを常に感じられ

生涯そのこと一つに貫かれた親鸞聖人は、

「私こそ僧だ」と、全人類に向けて宣言されているのです。

 

========

親鸞聖人と同じく、非僧非俗を貫かれた蓮如上人が

アニメーション映画になりました。

↓↓↓↓↓↓
http://nazeikiru-eiga.com/

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。