読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

太宰治って、こんなこと言う人だったのか

f:id:kikuutan:20160518201829j:plain

 


太宰治芥川賞選考委員であった佐藤春夫に、

芥川賞を泣訴する手紙を書いています。

「第二回の芥川賞は、私に下さいまするやう、

伏して懇願申しあげます」

「佐藤さん、私を忘れないで下さい。

私を見殺しにしないで下さい」

などと切迫した心情がつづられています。

 

太宰は、芥川賞の候補となったものの落選し、

選考委員だった川端康成の選評に激高し、

「刺す」「大悪党だと思つた」などとする文章を書いています。

一方、太宰の受賞を切望する手紙としては、

芥川賞をもらへば、私は人の情で泣くでせう」

と訴えてもいます。

 

私はこの事実を知った時に軽いショックを受けました。

太宰の自伝的小説など読むと、

俗世の賞賛など、毛嫌いしていたような

孤高な人のように感じたからですが、

考えてみれば、人間はみな煩悩の塊、名誉欲一杯の凡夫であり、

太宰が例外であるはずもありません。

 

自分にとってヒーローだった人が

人の評価をすごく気にする人だった事実を知り、

ショックを受けたり、

好きだった人から聞く、底の浅い自慢話に

さっと心が冷めたりすることがありますが、

人間はみな煩悩の塊、名誉欲の塊と理解していれば、

何も驚くことではない。

隠していた名誉欲が何かの弾みで見えてしまった、

ということに過ぎないのです。

 

誰かの言動にショックを受けたということは、

その人を誤解していたということです。

誰かから自分が尊敬されているとしたら

その人を誤解させているということでしょう。

 

仏の眼から見れば、

皇族も一般人も、民族も人種もなく、

みんな煩悩の塊で、何の違いもありません。


========

仏教の教えがわかるアニメ映画です。
こちらです。
↓↓↓↓↓↓
http://nazeikiru-eiga.com/

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。