親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

どんな大富豪もなぜかわいそうな人なのか

f:id:kikuutan:20160602205703j:plain

 

【十方衆生(2)】


仏の慈悲は、十方衆生、すべての人にかかっている

という話を先回からしています。

仏の眼からは差別がないのです。

 

私たちから見ると、この世は差別だらけだと思います。

世界の富に半分は、1%の富裕層が握っており、

残る半分の富も、人口の5分の1の比較的豊かな層が

ほとんど握っており、

その他の層が握る割合は

世界全体の資産のわずか5.5%にとどまるそうです。

実に不公平です。

 

しかし仏の眼から見ると、

世界中のすべての人は同じく、

「なんとか助けなければならない、かわいそうな人」

なのです。

 

十方衆生みな「無常迅速の機」と仏は見られます。

無量寿の命を持たれた仏からは

五十年、百年の人間の肉体の命は、

滔々と流れる大河にポツンと生じては

パッと消える水泡のようなもの。

その水泡が壊れないように懸命な努力を続けるのが医学です。

しかしたとえ延ばしたところで、

無量寿から見れば一瞬です。

早晩、この世の光が全て消滅する日がやってきます。

 

仏の眼には、何人も、

滝壺に今まさに落ちようとしている小舟の中です。

ロックフェラーやビルゲイツも、

瞬く間に全てを失い、次の世界に堕ちていく、

気の毒な人、助けなければならない人なのです。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。