親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

心の中を知らないから生活できる

f:id:kikuutan:20160719204853j:plain

 

【意業(2)】


政治家が説くところを、

差別の視点を持たないように努めて、

虚心坦懐に聞いていると

護憲派といっても、改憲派といっても、

右派、左派といっても

それぞれにもっともな意見を言っている気になります。

彼の活動には意義がある、耳を傾ける価値がある、と思えてきます。

 

ところが、人間ですから当然なのですが、

彼にそう言わしめている動機には、

強い損得勘定、あるいは非常に個人的な執着や嫉妬心が

かくれているのは否めません。

多分にそれは、本人さえ気づいていない感情であったりします。

 

その人の真の動機を、本人以上に心底まで全て見抜く人があれば、

選挙演説も、政治論議も一切は

「そらごと・たわごと・まことあることなし」(歎異抄)と、

なるでしょう。

 

芥川龍之介ほど頭のいい人になると、

その欺瞞に満ちた人の姿がよく見えてしまったのでしょうか、

こんなことを書き遺してます。

「周囲は醜い。自己も醜い。

そしてそれを目のあたりに見て生きるのは苦しい」

 

私たちはそこまで相手を見抜けずにいる、一種の鈍感さで、

芥川のように自殺することなく、

日々の生活を営んでおれるのではないかと思えてもきます。

職場でも家庭でも、相手の心の中を知らないから幸せでいられる、

理解できないから、生活は成り立っている、といえるのでしょう。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。