読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

人類は噴火山上で舞踏していると説く釈迦

f:id:kikuutan:20160802205410j:plain

 

【生死の一大事】


先日、都内の人はスマホに流れた震度7の速報に、

「これはいよいよ関東大震災か」と

さぞ驚いた方も多かったでしょう。

雷が原因の誤作動という発表でなんとも人騒がせなことでしたが、

何はともあれ、誤作動でよかったです。

 

何年かに1回はある間違った地震速報ですが、

オオカミ少年みたいに、

皆が慣れっこにならなければいいと思いますが。

 

さて、その報道で私が思い出したのが、

もう五年前になる人間ドックの結果です。

再検査の通知が届きまして、

「肝臓に腫瘍の疑いあり」と所見にあったので、

「この若さでガンか?!」と、

にわかに緊張したのを覚えています。

 

再検査してみたところ、

腹部レントゲンが脂肪を腫瘍と間違えた結果だと分かり、

胸をなで下ろしました。

 

関東大震災級の大地震は200年に一度と言われますから、

関東に住んでいても、

人生の中で経験せずに一生終わる人も多く、

誤作動で緊急速報だけ経験するだけだった、

ということもあるのですが、

我が身に宣告される医師の診断の場合は、

そういうわけにはいきません。

今までは「異常なし」「レントゲンの間違い」だったのが、

今回ばかりは「悪腫瘍です」「転移してます」「ステージ4です」

とハッキリ言われてしまうときが来るのです。

 

たとえ医師の宣告はなくても、事故や事件に巻き込まれ、

「今度ばかりは死ななければならない」と覚悟するときが、

必ずやってきます。

 

お釈迦様は、必ず噴火する山上で舞踏を興じているのが

全人類の実態だと警鐘乱打されています。

これを「生死の一大事」と言われます。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。