読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

余裕がなくなったその者の姿こそ、活目するがよい

f:id:kikuutan:20160808222219j:plain

 

【逆境(2)】

 

■思うにその人の本性は、余裕がなくなったときに

出てくるのではないだろうか?

余裕があるときはいくらでも

本性隠して繕うこともできるのですから

 

■公園のベンチで愛をささやく男がいる

「君の事を一生かけて守るよ。この目を見てくれ、

これが嘘ついているように見えるか」

ところがその帰り道、二人は不良に絡まれて、

なんとその男、彼女一人残して、背中を向けて逃げてしまった。

「本性見たり!!」

ベンチで愛をささやいたときと、彼女残して逃げたときと、

どっちが本性か??

 

■本性は余裕がなくなったときに表れるのです。

その人の本性を知りたいと思ったら、こんな時だ。

▼お腹空いたとき、どんな表情になるか

▼お金がなくなったとき、その人はどんな行動をとるか

▼失恋したとき、心の向きがどうなるか

▼ミスをした時にどんな態度をとるか

そんな時です。その人の器が表れるのは

 

■金があって羽振りがいい、部下に囲まれている、

ちやほやされてたり、事業も成功している

そんなときは誰でもかっこよく見えるもんです。

 

【余裕がなくなったその者の姿こそ、活目するがよい】

余裕がなくなった時、自分自身にも問うてみよう。

オレの器はどれくらいだ、と。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。