親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

先祖供養に対する仏教の考え方とは

f:id:kikuutan:20160821222648j:plain

 

【愚痴(3)】


ある40代の女性から聞いた話です。

家庭の悩みを寺院に相談したところ、

「7代までの先祖を供養すれば、幸せになれる」と言われ、

「1人の先祖に1万円の供養料」と金額も示されたそうです。

自分たち夫婦両家の先祖なので、508名になる。

その供養を途中までして、

「どうしてこんなにお金がかかるのか」

と思うようになり、悩んでおられたそうです。

 

とんでもない話だなと思います。

寺の僧侶の本来の任務は、仏教をお伝えすること。

先祖供養すれば幸福になれる、という鬼神信仰の迷信を打ち破り、

一切の運命は、自分の行為によって生み出される、

仏教の根幹、因果の道理を明らかにしなければならないのに、

こともあろうに供養料目当てに、

釈迦が排斥された、先祖供養の迷信に便乗しているのですから

あきれるばかりです。

 

如来の法衣をつねにきて 一切鬼神をあがむめり」

袈裟をかけて、形こそ僧侶の格好をしているが、

鬼神を崇めている者ばかりではないか、と

親鸞聖人が嘆かれた当時の世相と、今も変わりません。

 

先祖の祟りだの、先祖の霊の仕業だなどと聞かされると、

気にしてしまう人が多いのは、

先祖と聞くと、運命を引き寄せる、恐ろしい力があると、

思ってしまうからでしょうか。

 

しかし先回もお話ししましたように、

先祖といっても、一番近い先祖は「親」です。

親が子供の不幸を願うことがあるでしょうか。

親は子供に幸せになってほしいと、

そればかりを思い続けてくださる、有難い存在です。

子孫をタタるとか、苦しませてやろうと思うはずがありません。

 

自分のことを考えてみても分かります。

自分が亡くなった後、

残された子や孫やひ孫に苦しませようという気持ちが起きますか。

幸せに、笑顔多い人生であってほしいと切に念じるばかりでしょう。

 

だいたい死んだ後、人の運命をどうこうできる存在になれる

と思われますか、

自分の運命でさえ、思った通りにいかずに悶々としているのに、

自分のことでも精一杯なのに、

そんな自分が、人の運命を左右できるような存在に

なれるものでしょうか。

 

釈迦はこれら世の迷妄を破り、

徹頭徹尾、己の運命の原因は己の行為による、と

教えられています。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。