読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

「そして誰もいなくなった」と仏教

f:id:kikuutan:20160830195152j:plain

 

【無常(2)】


"ある孤島の大邸宅に、10人の男女が集まっている。

お互い見ず知らずの彼らは、謎の男から招待されたのだった。

まもなく晩餐が始まる。

申し分ない料理とサービスに、みな上機嫌になっていた。

突如、不気味な声が部屋中に響きわたる。

「諸君はそれぞれ、次にのべる罪状で、殺人の嫌疑をうけている――」

その声は、10人全員の過去の犯罪を暴きたてた。

人々は動揺する。

姿なき謎の男の告発だった。

やがて10人が、次々と殺されてゆく。

1人、また1人・・・ついには、そして誰もいなくなった"

ミステリー作家、アガサ・クリスティーのつくった物語です。

 

地球には、現在約73億の人々が生きています。

お互い、ほとんど見ず知らずの男女ばかり。

しかも、何人かは確実に、日々、命を失っています。

ガンで死ぬ者、飛行機で墜落死する者、戦争で爆死する者、

交通事故死、ウラミをかって刺殺される者、ショック死する者、

 

人ばかりにそれらがやってくるのではない。

やがて自分の番がやってくる。

どれだけがんばったところで、百年もすれば、

今この世に生存している人は、

「そして、誰もいなくなった」となります。

 

この万人の将来を、仏教は深く見つめます。

それを『無常観』といいます。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。