親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

「金の切れ目は縁の切れ目」財欲に煩う人間の実態

f:id:kikuutan:20160912212357j:plain

 

 

仏教で教えられる五欲の一つに『財欲』があります。

「金がほしい」「家がほしい」「カッコいい車がほしい」

「かわいい服がほしい」と金や物を求める心です。

 

■「金の切れ目は縁の切れ目」といわれますが、

私の知人で、昨年の夏にリストラにあった人があります。

奥さんは再就職に向って夫を支える、

と当初は言っておられたそうですが

最近その奥さんから、離婚話を切り出されたそうです。

 

■人は金があるときは、もみ手で近づいて来るが、

金がないと、手のひらを返したように冷たく接します。

ホテルのボーイ、旅館の仲居さんに、

チップとかお心付けとか渡すことがありますが、

額が多いとサービスは違うし、帰る時のお辞儀の角度まで違う。

こんなとき、自分に敬意を表して頭下げてると思ったら大間違いで、

自分が旅館に落としていくお金に頭を下げているのです

 

■大事な人間関係が損なわれているのも、

たいていは金のトラブルです。

友人でも、恋人でも、金の貸し借りは怨恨を残すものです。

その恐ろしさは幾たびか見聞きしてきました。

 

■遊びも、旅行も、美容も、ファッションも

グルメも、デートも、名声も、人気も、買い物も

ビジネスも、アイデアも、宣伝も、まず先立つものはお金でしょう。

不和も、病気も、家のローンも、過労も、ストレスも、

あの恥も、この屈辱も、全ては金が無いせいか。。。

「金さえあれば全てがうまくいく」

「金があれば、万事解決なのに」

「金さえあれば、金さえあれば」

と呪文のようにつぶやいて、思いつめています。

そんな『財欲』の実態を、シリーズで取り上げてみます。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。