読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

殺人事件の加害者の53.5%が親族による

f:id:kikuutan:20160925190038j:plain

 

【生死の苦海(1)】

 

富山県の、のどかな住宅地のある家で

発砲事件が起きました。

発砲された家は、山口組の組員の住まいする家だと分かり、

インタビューを受けた住民は

暴力団が近所だなんて」と恐怖に怯え、

「外出も怖い」と口にした、と報道されました。

 

■近所に暴力団が住んでおり、かつ抗争中だと聞けば、

確かに穏やかならざる気持ちにもなりましょう。

ところが最新の警察庁の調査では、

殺人事件の加害者の53.5%が親族によるものだそうです。

山口組の抗争ばかりが怖いわけではないことがわかります。

 

■さらに親族間の殺人の中でも、

子どもが実父母を殺害するケースが断トツで、

殺人858件中、実父母が被害者だったのは139件。

面識なしは88件だから、

知らない人に殺されるより、

我が子に殺されるリスクの方が高いのです。

 

■まさか子供が生まれてきた時に、

この子がいつか自分を殺すことになろうとは

誰が想像しましょう。

子供とて、親を支えに、たよりに、親の背中を見て成長しますが、

その親をやがて自分が殺す日が来ようとは、

思いもよらないことでしょう。

 

■しかし人生は、思いも寄らぬ苦悩の波が次々と押し寄せ、

果てしがありません。

それを親鸞聖人は「生死の苦海ほとりなし」といわれます。

“生まれてから死ぬまで苦しみの海”

見渡すかぎり空と水で、

どれだけ泳いでも果てしがありませんから

「ほとりなし」といわれています。

 

■社会の荒波にもまれ、

せめて家族を安らぎに、という人は多いですが、

家族間でも、さまざまな大波が襲いかかり、

やはり家庭も「ほとりなし」です。

 

いやむしろ赤の他人で腹が立つ人、嫌な人とは、

距離を置き、接しないようにすれば、

まだ気持ちを落ち着かせることができますが、

寝食を共にする家族とは距離を置くわけにもいかず、

利害損得も複雑にからみ、長年の愛憎もあり、

引くに引けない段階まで追い込まれるのでしょう。

 

親鸞聖人は、この生死の苦海の人生を明らかにされた上で

「生死の苦海を明るく楽しく渡す大船がある、早く乗りなさい」

と、教え続けられた方でした。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。