親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

求不得苦の人生に振り回される

f:id:kikuutan:20161011221144j:plain

 

【求不得苦(1)】

 

■『求不得苦(ぐふとっく)』という言葉が仏教にあります。

仏教では、私たちのもう逃れられない苦しみを

八つにわけて「四苦八苦」といわれます。

八つの苦しみの波が絶えず襲い、

渡るに渡れぬ苦しみの海のようなものが人生だ、

と説かれています。

その八つの中の一つに『求不得苦』があります。

「求めても求めても、得られない苦しみ」のことです。

 

■小学生に「将来の夢は?」と尋ねれば、

「サッカー選手になってW杯出場」とか

「AKBのメンバーになりたい」とか

ノーベル賞取りたい」などと元気よく答え、

それを聞く親や教師もうれしそうに目を細めます。

 

■しかしそんな子供たちも成長するにつれ、

いつしか夢を語らなくなり、周りも聞かなくなります。

夢はかなわないんだろうなと、中学生くらいで、

うすうす感づいてきて、ため息ついて思う。

「結局、普通の会社のサラリーマンになって、

25ぐらいで結婚して、子供ができたらローンで家建てて、

どこにでもある平凡な人生かな」

 

■ところがさらに大人になって知らされるのは、

その平凡な人生のハードルが思った以上に高い、ということです。

○まずそもそも普通の会社になかなか入れない。

サービス残業、過酷なノルマ、休日出勤・・・

普通の会社には入れても、正社員になかなかなれない。

○さらに、結婚もできない。

そもそも結婚以前に、彼女ができない。

これは、あるツイッター

「小学校→中学行けば彼女ができる 

 中学校→高校に行けば彼女ができる 

 高校→大学に行けば彼女ができる 

 大学→就職すれば彼女ができる

 社会人→n歳までには彼女ができる」

多くの人がこのつぶやきに「オレ笑えない」とコメントしている。

○このご時世、マイホームを建てる決断ができる立場の若者は

そう多くない。

「家どころか車も買えない」との嘆きの声が聞こえてくる。

 

■それら現実が年を追うにつれ知らされてくると、

「我が家で食卓囲んで、家族団らん」という「平凡な人生」は、

涙ぐましい努力の末に到達できることだったかと、

わかってくる。

『求不得苦』の波に翻弄され、苦しんでいる人生の実態が

知らされてきます。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。