親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

鬼神信仰を悲嘆された親鸞聖人

f:id:kikuutan:20120618090640j:plain

 

【鬼神(1)】


■日本では、建築工事の最初に、

地鎮祭」という、神主がしめ縄張って、棒を振って、

祝詞をあげる、一連の儀式を執り行うのが、

半ば常識のようになっています。

スカイツリー着工の際も、地鎮祭があり、

テレビで報道されたのを覚えています。

 

■工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈るための、

浄めの祓い、とのことですが、

科学の粋を凝らした建築物の着工の始めに、

地縛霊の浄めもないだろうと思うのですが、

「ひょっとしてそんなこともあるかも」との不安があるのか、

地鎮祭をしなかったからこんなことになったんだ」と

責められるのが嫌なのか、

なにしろ「土地の霊が禍福をもたらす」という日本独特の信仰が、

今日の日本人の多くの人の心にある現われでしょう。

 

仏教で排斥される迷信の一つに、鬼神信仰があります。

鬼神信仰とは、死んだ人間の霊が、特定の土地、あるいは

大木や石などに鎮まっていて、

生きている人間に禍福を与える力がある、という信仰です。

それらの霊を怒らせないよう、社を建てたり、

喜ばせようと、酒や肉を供えたりします。

 

■釈迦はこのような鬼神信仰を徹底して破られ、

「一切の禍福は、己の過去の業(カルマ)による」と

徹底して説かれました。

 

■ところが最近では、仏教の僧でありながら、

鬼神信仰に便乗して、

地縛霊を浄めるために読経する商売をする輩もあります。

釈迦の教えのイロハもわかっていない、僧にあるまじき実態です。

 

いや、今日に始まったことではない、

800年の古、親鸞聖人も

「かなしきかなやこのごろの 和国の道俗みなともに

仏教の威儀をもととして 天地の鬼神を尊敬す」(悲歎述懐和讃)

“なんと悲しいことか。現今の日本の僧侶も在家の者も、

外見は仏教を信じているように装っているが、

内心は、みな鬼神に仕えている”と悲嘆なされています。

 

■霊の浄めよりも、豊洲新市場で問題になっているような

土壌汚染の浄めにこそ、気を張って臨んでもらいたいものです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。