親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

心理学のカウンセラーと仏教

f:id:kikuutan:20161029194834j:plain

 

 

【智恵(3)】


■南青山で心理学のカウンセラーをされている方が

仏教を聞きに講座にこられました。

自衛隊や企業で講習もされている方ですが、

「心理学は山登りでいえばピッケルを与えてくれるが、

頂上は教えられないし、自分もわからない」

とストレートに言われていたのが、心に残りました。

 

■「プラス思考で生きる」

「強くしなやかに生きる」

「クヨクヨせずに生きる」

「肩の力を抜いて生きる」・・・

様々な生き方本が本屋に並び、識者や成功者によって勧められます。

そしてどのようにしたらそのように生きられるか

心理学は様々なノウハウを教えてくれます。

脳医学や行動科学といった学問も同様に、

そのためのヒントをいろいろ示唆してくれています。

その知識の習得もとても大事ですが、もっと大事なのは

プラス思考で【○○に向かって】生きる、

クヨクヨせずに【○○に向かって】生きる、

その【○○】こそが大事でないでしょうか。

 

■プラス思考で振り込み詐欺に向かって生きれば、

とても勧められた生き方とはならない

そこはこんな詐欺行為はいいんだろうか、

とクヨクヨしてもらわなければならなかった。

どうしたらプラス思考になるか、その研鑽より

どこに向かってプラス思考になればいいか、

その吟味こそ優先されなければなりません。

 

■「ここに向かって生きるならば、露命散らしても悔いなし」

というはっきりした人生の目的があれば、

心理学の本を読まなくてもプラス思考になるし、

つまらぬ目の前のことにクヨクヨしている暇はないのです。

「大仕事 遂げて死なまし 熱情の

      若き日は 二度と来はせじ」

 

■心理学は登山のピッケルではありますが、

肝腎の山の頂上はどこなんだろうか、

この方角こそまず第一に検討されるべきでないでしょうか。

 

■そのカウンセラーの方が

確固たる人生の目的を知りたいと語られるのは

本質に目を向けられる真摯な姿勢であり

それは釈尊の出城入山の動機に通ずるものです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。