読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

松下幸之助と七つの習慣

f:id:kikuutan:20161104214708j:plain

 

【瞋恚】


■「なんであの人はああなんだ」「なんでこいつはこうなんだ」

と細かいところに気がつき、厳しく指摘する人があります。

人が気付かないところまで気が付くのですから

職場では有能な「デキる人」なんですが、

歯に衣着せず人を指摘するので、

その人のせいで職場の空気が悪くなっている、

そんなケースはよく見受けられます。

聞いててハラハラするような言い方で

憤りや不満をぶつけているのですが、

そんな人が上司なら部下は萎縮するし、

そんな人が部下になれば上司批判が始まりそうです。

いずれにしてもやりにくくて仕方がない、

やがては孤立し、職場に居づらくなってしまうことでしょう。

そういう人は結局「気がつく」人ではありますが

「気がつかえない」人なのでしょう。

 

■人の欠点に気が付きながらそのフォローをしたり、

仕事の振り分けに気遣ったり、

たとえ注意するときでも、その人を傷つけないよう

配慮した言い方に心がける人こそ、真に「デキる人」です。

 

■スティーブン・コビーの『七つの習慣』にこの様な文章があります。

『結婚生活に問題を抱えているとすれば、

妻の欠点を延々と指摘することに何の意味があるだろうか。 

それは単に自分自身を責任がない、

無力な被害者に仕立てるだけであり、

自らの行動する力を放棄しているにすぎない。

やがては、妻に影響を及ぼす力も失(な)くなるだろう。

叱責し、批判し、とがめ続ければ、

彼女はあなたの思いやりのなさを理由に、

自分の悪い行動を正当化できると感じるだろう。

あなたの批判は、改めようとしている妻の行動よりも有害なのだ』

耳に痛い文面です。

 

■世界のパナソニックを一代で成した松下幸之助は、晩年

『事業に成功した要因は何ですか』

と問われて、

『自分に学問がなく、身体が弱かったこと。

 そのため、社員の誰もが自分より偉く見えたし、

 安心して仕事を任せることができた。そのことがよかった』

と答えました。

周りに不平不満を持ち、毒をまき散らせば、

必ず業績は悪くなる。

逆に自分を支えてくれる周りに感謝の心が高まれば、

正比例して成功する。

一貫した松下幸之助の信念からでた言葉です。

 

仏教では怒りの心のことを『瞋恚』といい、

三大煩悩の一つに数えられています。

たいへん私たちを煩わせ、悩ませ、不幸にする心だからです。

「かんしゃくの くの字を捨てて ただかんしゃ」

お互い自戒してまいりましょう。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。