読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

過去の因を知らんと欲すれば現在の果を見よ

f:id:kikuutan:20161108210923j:plain

 


■「死体は語る」という本があります。

元監察医が書いた本です。

偽装殺人、他殺を装った自殺、猟奇的殺人と見誤る奇妙な死体……。

どんなに誤魔化そうとしても、もの言わぬ死体は、

背後に潜む人間の憎しみや苦悩を雄弁に語りだす

と筆者は言います。

検死結果、事件現場の状況から、

「犯人は女でしょう」「刺し傷から左利きだと分かります」

「身長は小柄、150センチくらいでしょう」

「計画性がありますね、被害者の部屋を熟知した人です」

と、もう犯人は絞られていってしまいます。

 

■何年かまえに流行った「トリック」というドラマでは、

祟りで殺されたかのような殺害現場に村中が驚くのですが、

仲間由紀恵扮する女性マジシャンが、トリックを暴き、

犯人を言い当てるというものでした。

 

■つい私たちは智恵が及ばず、

神や祟りのせいにしてしまいがちですが、

分かる人が見れば、

横たわっている死体の姿から、

その部屋で昨晩何が起きたのか、わかるということです。

 

■お釈迦さまは『因果経』に

「過去の因を知らんと欲すれば現在の果を見よ」

と教えられました。

過去に何があったかは、現在の結果を見ればわかる、

現在に過去を知る鍵がある、と説かれています。

 

■過去が生み出したのが現在、

現在に無関係な過去はないということです。

なぜ今、こういう結果なのか、その原因を明らかに見ていくことを、

仏教では『諦観』といいます。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。